遺産相続・遺言書作成はお任せください

ブログ

2019.12.24 

ブログ

遺言書には絶対従わなければならないの?

父の死亡後に父の遺言書が出てきた。

その遺言書には絶対従わなければならないのか?

例えば、相続人が配偶者の母親と子一人の場合に

父が遺言で全ての財産を母親に相続させるとしたが、

税理士さんに相談したところ

「母親が死亡して、2次相続が開始した時のことを考えると

母親の単独相続にするより、

母と子の共同相続の方が相続税対策上は有利である。」ことが判った。

それでも遺言書に従わなければならないのか?

 

このような場合は相続人全員の間で話がまとまれば

必ずしも遺言書に従う必要はなく

どのようにでも遺産を分割できる。

遺産分割においては相続人の意思は、

遺言より優先するということです。

 

遺言・相続に関することなら

清水行政書士事務所にお任せください。

 
SHARE
シェアする