遺言・相続,成年後見の相談所 TOP遺産相続手続き・遺言書作成 > 遺言書に何を書いたらいいの?

遺言書に何を書いたらいいの?

遺言書に書ける有効な主たる事項

遺言書によることができる事項 遺言書によってのみできる事項
1.認知
2.財産の処分
3.相続人の廃除・廃除の取り消し
1.後見人、後見監督人の指定
2.相続分の指定、第三者への指定の委託
3.遺産分割方法の指定、第三者への指定の委託、5年以内の分割の禁止
4.相続人相互の担保責任の指定
5.遺言執行者の指定、第三者への指定の委託
6.遺贈、遺贈減殺方法の指定

このほか法律的な拘束力はありませんが、「残された母さんを助けて兄弟皆で仲良くやって欲しい」など、自分の気持ちを残すこともできます。

>>次は、自筆証書遺言はどう作る?

無料メール相談
無料メール相談 任意後見契約・法定後見 よくある質問 各種資料請求 横浜市港南区 清水行政書士ブログ

横浜 行政書士
清水行政書士事務所
〒234-0055
横浜市港南区日野南4-30-13 三愛ビル2F
TEL:045-350-4364
FAX:045-350-4365
営業地域:神奈川県全域・主要地域 横浜市(港南区、南区、栄区、金沢区、磯子区、保土ヶ谷区、西区、中区、神奈川区、鶴見区、旭区、港北区、都筑区、緑区、青葉区、戸塚区)、東京都、千葉県、埼玉県全域 お問合せフォーム