遺言・相続,成年後見の相談所 TOP遺産相続手続き・遺言書作成 > 単純相続、限定相続、相続放棄

単純相続、限定相続、相続放棄

いざ遺産相続が始まったとき、相続財産が消極財産が多く、積極財産が少なくそのまま相続すると借金ばかりが残ってしまうという事態も考えられます。このような場合は、単純承認限定承認及相続放棄の選択肢があります。

単純承認

単純承認とは、被相続人の積極財産も消極財産もすべて承継することで、消極財産のほうが多ければ、相続人は、自己の財産でその不足分を弁済することになります。

限定承認

限定承認とは、相続人は被相続人の財産の範囲で相続することであり、消極財産のほうが多くても、相続した財産の範囲で弁済すればよいことになります。積極財産が多ければ、積極財産と消極財産の差を取得できます。

相続放棄

相続放棄とは、相続人ははじめから相続人の地位を放棄することであり相続人ではなかったことなりますので、一切の被相続人の財産を承継しないことになります。

ただし、限定承認も相続放棄も、遺産相続開始後に自分が相続人となることを知ったときより3ヶ月以内に相続財産目録を作成して家庭裁判所に届け出なければなりません。

>>次は、遺言書に何を書いたらいいの?

無料メール相談
無料メール相談 任意後見契約・法定後見 よくある質問 各種資料請求 横浜市港南区 清水行政書士ブログ

横浜 行政書士
清水行政書士事務所
〒234-0055
横浜市港南区日野南4-30-13 三愛ビル2F
TEL:045-350-4364
FAX:045-350-4365
営業地域:神奈川県全域・主要地域 横浜市(港南区、南区、栄区、金沢区、磯子区、保土ヶ谷区、西区、中区、神奈川区、鶴見区、旭区、港北区、都筑区、緑区、青葉区、戸塚区)、東京都、千葉県、埼玉県全域 お問合せフォーム