遺言・相続,成年後見の相談所 TOP遺産相続手続き・遺言書作成 > 相続財産に含まれるもの

相続財産に含まれるもの

相続財産に含まれるものは、相続開始時に被相続人に属した一切の権利・義務です。ただし被相続人の一身に専属する権利は含まれません。例えば、被相続人の扶養請求権がこれに該当します。

また、祭具、墳墓などの祭祀財産も含まれません。これらは慣習などで受継ぐものが決められます。さらに積極財産のみならず、負の財産である借入金等の消極財産も受継ぎます。

積極財産、消極財産には以下のようなものがあります。

積極財産

不動産、預貯金、株式、公債、社債、ゴルフ会員権、書画・骨董、売掛金、貸付金、生命保険金、慰謝料請求権、死亡退職金その他

消極財産

借入金、買掛金、租税その他

>>次は、単純相続、限定相続、相続放棄

無料メール相談
無料メール相談 任意後見契約・法定後見 よくある質問 各種資料請求 横浜市港南区 清水行政書士ブログ

横浜 行政書士
清水行政書士事務所
〒234-0055
横浜市港南区日野南4-30-13 三愛ビル2F
TEL:045-350-4364
FAX:045-350-4365
営業地域:神奈川県全域・主要地域 横浜市(港南区、南区、栄区、金沢区、磯子区、保土ヶ谷区、西区、中区、神奈川区、鶴見区、旭区、港北区、都筑区、緑区、青葉区、戸塚区)、東京都、千葉県、埼玉県全域 お問合せフォーム