遺言・相続,成年後見の相談所 TOP遺産相続手続き・遺言書作成 > 遺産相続手続きができない場合

遺産相続手続きができない場合

相続をすることができない場合は二つあります。

相続欠格

次に掲げる人は相続人になることはできません。

  • 故意に被相続人または相続について先順位もしくは同順位に在る者をを死亡するに至らせ、 または至らせようとして、刑に処せられた者
  • 被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、または告訴しなかった者。
  • 詐欺または脅迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取消し、または変更することを妨げたもの者
  • 詐欺または脅迫によって、被相続人が相続に関する遺言させ、撤回させ、取消させまたは変更させた者
  • 相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、または隠匿した者

相続人の廃除

被相続人が、遺留分を持つ相続人から虐待、重大な侮辱を受けたり相続人に著しい非行があった場合、被相続人がその相続人の廃除を家庭裁判所に請求し遺産相続権を奪うことです。生前行為でも遺言でもできます。

>>次は、法定相続人と法定相続分とは

無料メール相談
無料メール相談 任意後見契約・法定後見 よくある質問 各種資料請求 横浜市港南区 清水行政書士ブログ

横浜 行政書士
清水行政書士事務所
〒234-0055
横浜市港南区日野南4-30-13 三愛ビル2F
TEL:045-350-4364
FAX:045-350-4365
営業地域:神奈川県全域・主要地域 横浜市(港南区、南区、栄区、金沢区、磯子区、保土ヶ谷区、西区、中区、神奈川区、鶴見区、旭区、港北区、都筑区、緑区、青葉区、戸塚区)、東京都、千葉県、埼玉県全域 お問合せフォーム