遺言・相続,成年後見の相談所 TOP遺産相続手続き・遺言書作成 > 遺産相続手続きの開始

遺産相続手続きの開始

遺産相続のイメージ遺産相続は被相続人の死亡によって開始します。被相続人とは亡くなった人のことで、財産を受継ぐ人のことを相続人といいます。相続人になることができる者とそ順位は民法に規定されています。

配偶者は、常に相続人になります。(内縁の場合は相続人にはなれません。)そして、次の人は@からBの順位で相続人になります。

@被相続人の直系卑属(子、孫)
A被相続人の直系尊属(父母、祖父母)
B被相続人の兄弟姉妹
@〜Bのうち先順位の相続人がいたら次順位の相続人は財産は受継げません。

注意
@の場合、子が数人いるときは同順位で等しい割合で相続します。非嫡出の子は、嫡出の子の相続分の半分となります。また、胎児も相続人となります。
Bの場合 父母の一方を同じくする兄弟姉妹は父母の双方を同じくする兄弟姉妹の半分となります。

>>次は、遺産相続手続きができない場合

無料メール相談
無料メール相談 任意後見契約・法定後見 よくある質問 各種資料請求 横浜市港南区 清水行政書士ブログ

横浜 行政書士
清水行政書士事務所
〒234-0055
横浜市港南区日野南4-30-13 三愛ビル2F
TEL:045-350-4364
FAX:045-350-4365
営業地域:神奈川県全域・主要地域 横浜市(港南区、南区、栄区、金沢区、磯子区、保土ヶ谷区、西区、中区、神奈川区、鶴見区、旭区、港北区、都筑区、緑区、青葉区、戸塚区)、東京都、千葉県、埼玉県全域 お問合せフォーム