遺言・相続,成年後見の相談所 TOP > 秘密保持

秘密保持について

お客様の秘密が漏れることはありません。

行政書士の秘密保持義務は以下の法律で定められております。したがって、法律で定められた事由以外で、そとにもれることはありません。

行政書士法 (秘密を守る義務)

第12条 行政書士は、正当な事由がなく、その業務上取り扱った事項について知り得た秘密を漏らしてはならない。行政書士でなくなった後も、また同様とする。

※正当な事由とは、刑事犯罪における警察の事情聴取などの場合です。

>>トップページへ戻る

士業ねっと!動画配信中 任意後見契約・法定後見 よくある質問 各種資料請求 横浜市港南区 清水行政書士ブログ 無料メール相談

横浜 行政書士
清水行政書士事務所
〒234-0055
横浜市港南区日野南4-30-13 三愛ビル2F
TEL:045-350-4364
FAX:045-350-4365
営業地域:神奈川県全域・主要地域 横浜市(港南区、南区、栄区、金沢区、磯子区、保土ヶ谷区、西区、中区、神奈川区、鶴見区、旭区、港北区、都筑区、緑区、青葉区、戸塚区)、東京都、千葉県、埼玉県全域 お問合せフォーム