遺言・相続,成年後見の相談所 TOP内容証明郵便の作成代行 > 内容証明郵便の使い方

内容証明郵便の使い方

内容証明郵便のイメージ内容証明郵便は、相手方に手紙を送付したことを公的に証明できますが、相手方には手紙の内容の実行を強制できるものではありません。また、相手方には受取った手紙に対して返事を書く義務もなく、返事を出さなくても法律的に不利益を受けるものではありません。では、何のために内容証明を出す必要があるのかといいますと、相手方に対して通知を発したことを公的に証明することができるからです。

電話や通常の郵便で意思表示を発しても、内容証明郵便と法的効果は同一ですが、後々トラブルが発生した場合、内容及び到達を客観的に証明することができません。そのため、後日裁判上の争いになった場合にいろいろと問題になってくることが予想されます。

また、一般に内容証明郵便を受取るケースはあまり多くありませんので、相手方に心理的圧力をかけることができ、事実上の強制効果を生むこともあります。

>>次は、内容証明郵便の書き方

無料メール相談
無料メール相談 任意後見契約・法定後見 よくある質問 各種資料請求 横浜市港南区 清水行政書士ブログ

横浜 行政書士
清水行政書士事務所
〒234-0055
横浜市港南区日野南4-30-13 三愛ビル2F
TEL:045-350-4364
FAX:045-350-4365
営業地域:神奈川県全域・主要地域 横浜市(港南区、南区、栄区、金沢区、磯子区、保土ヶ谷区、西区、中区、神奈川区、鶴見区、旭区、港北区、都筑区、緑区、青葉区、戸塚区)、東京都、千葉県、埼玉県全域 お問合せフォーム