遺言・相続,成年後見の相談所 TOP帰化許可申請書類作成 > 帰化許可申請の許可がなされるまでの手順

帰化許可申請の許可がなされるまでの手順

帰化許可がなされるまでの手順を図で説明いたします。

帰化申請の流れ

帰化申請が下りるまでの期間はどの位かかる?

帰化許可申請の書類を法務局に提出してから許可・不許可の結果が出るまで、時間がかかります。

一年近く、あるいはそれ以上かかることもあります。それは、法務局の係官の人手が限られていることと、提出書類に基づいていろいろと調査をするからです。

書類の提出は本人が出頭して提出しなければなりません。

書類を提出する場合は、本人(申請人が複数の場合は全員)が出頭して提出しなければなりません。出頭した本人に対して担当官はさまざまな質問をします。質問事項もまちまちですが、提出書類の内容により疑問点があれば詳細に事情を聞かれます。また、数ヶ月たってからも審査のために、さらに出頭を求められることもあります。

帰化申請に必要な書類

帰化申請をするには下記の書類を全てとりそろえて法務局に提出する必要があります。

  • 帰化許可申請書
  • 親族の概要を記載した書面
  • 履歴書
  • 帰化の動機書
  • 国籍・身分関係を証する書面
  • 住所証明書
  • 宣誓書
  • 生計の概要を記載した書面
  • 事業の概要を記載した書面
  • 在勤及び給与証明書
  • 卒業証明書または在学証明書
  • 源泉徴収書
  • 納税証明書
  • 確定申告書
  • 決算報告書
  • 不動産登記事項証明書
  • 預金通帳の写し
  • 許認可書等の写し
  • 技能・資格を証する書面
  • 居宅付近の略図

基本的に上記の書類はすべて必要ですが、この他にも申請人に応じた書類の提出を法務局から個別に指示されます。

家族単位で申請する場合、一部の書類については主たる申請者のものを援用できますが、それ以外は各人について一式必要です。

日本人配偶者等の場合は、いくつかの書類は当該日本人配偶者についても必要です。

>>次は、在留資格・永住許可とは?

無料メール相談
無料メール相談 任意後見契約・法定後見 よくある質問 各種資料請求 横浜市港南区 清水行政書士ブログ

横浜 行政書士
清水行政書士事務所
〒234-0055
横浜市港南区日野南4-30-13 三愛ビル2F
TEL:045-350-4364
FAX:045-350-4365
営業地域:神奈川県全域・主要地域 横浜市(港南区、南区、栄区、金沢区、磯子区、保土ヶ谷区、西区、中区、神奈川区、鶴見区、旭区、港北区、都筑区、緑区、青葉区、戸塚区)、東京都、千葉県、埼玉県全域 お問合せフォーム